野々村直道の経歴や家族(妻・子供)は?ヤクザ発言や風貌の理由や絵の金額や腕前は?

野々村直道(ののむらなおみち)の経歴や家族(妻・娘)について調べてみましょう!

今回爆報THEフライデーに出演します。

ヤクザみたいな風貌な野々村直道ですが、過去には名門野球部の監督だったという経歴がありますね。現在はどうしているんでしょうか?

どう見ても威圧的な見た目ですけどね(笑)

一体どんな教育をされていたんでしょうか!

野々村直道の家族はいるんでしょうか?妻・子供(娘)にはどんな接し方をするのかも気になります。

めちゃくちゃ怖そうですけどね・・・

前に番組で発言された内容はヤクザ映画のようでした(笑)

そんな荒々しい野々村直道は実は絵が得意で山陰のピカソとも呼ばれていたんだとか!

その腕前はどれほどのものなんでしょうか?

調べてみると、販売も行っているようですしイラストを描く仕事もされているようです!

いくらで書いてもらえるのか?

金額やその腕前も調べてみました!

ヤクザ監督の異名をもつ野々村直道が爆報THEフライデーで、どんな発言をするのか楽しみです!

スポンサードリンク

野々村直道のプロフや経歴は?

名前:野々村 直通(ののむら なおみち)

年齢:1951年生まれの66歳(2018年現在)

出身地:島根県雲南市

出身校:島根県立大東高等学校

広島大学(学校教育学部美術科)

最初の仕事:広島の公立校・府中東高校美術教師として赴任し、野球部監督になる(79年春のセンバツ出場)

その後、松江日大高校監督、1986年に松江第一(現開星)高校に赴任。

2年後に硬式野球部創設・監督に就任。(創部6年目で甲子園出場)

外部からの監督じゃなく美術教師として勤務されていたんですね!

野々村直道が監督になったら5・6年で甲子園出場までこぎつけるんですから、素晴らしい監督だったことがわかります。

一時期ある理由で監督を休んでいたが復帰して、2011年から復帰しますが2012年に定年退職されて今はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、画家教育評論家として講演会や作品を販売などもしています。

野々村直道の家族(妻・娘)は?

4人家族だという野々村家。

妻・喜代子さん(63歳)
長女・まり子さん(38歳)

もう一人子供がいるようです。

野々村直道とまり子さんのエピソードでは、その教育法が話題となりました。

次女が小学校3年生のころ、とある理由から、髪をつかんで自宅のリビングで引きずり回したというのだ。そんな目に合った娘は、いまだに「私はモップになった」と、当時を振り返るそうだ。

引用:http://news.livedoor.com

持論を展開する野々村直道に、まわりのコメンテーターやスタジオがざわついたといいます。

見た目だけじゃなく発言もド派手で回りをヒヤヒヤさせています。

野々村直道のヤクザっぽさの理由は?

「野々村直道」の画像検索結果

画像:toyokeizai.net

どんなことにも真剣に戦ってきた武士のような人なんでしょうね。

この爆弾発言や、娘さんのモップになった話なんかを聞いていると家族からもどう思われているんだろうと気になってきます。

まぁ今に始まったことじゃないでしょうが、娘さんとか嫌になったり、疎遠になったりしないんでしょうか?

テレビにでれば発言や身なりで指摘されるし嫌だなっと思う経験はたくさんされてきたと思います。

妻・喜代子さんや娘・まり子さんにとって夫であり父親である野々村直道のことをどう思っているんでしょう?

まだ野々村直道が監督時代に、21世紀枠の高校に負けてしまったとき、インタビューに答えた野々村直道は、

「21世紀枠に負けたのは末代までの恥。切腹して死にたい」

と発言し、この件で監督からも一時離れていたほどの大きなニュースでした。

いたずら電話などの被害も多くあったそうです。

野々村直道の真意は?と聞かれた妻の喜代子さんは、

悔しさでしょう。(1988年に)野球部を作った人です。当時は自分で草むしりやグラウンド整備をしていた。その時はまだ弱くて、試合で負けた日は寝つけず(翌朝)4時に起きて自転車をこいでフラフラして悔しさを紛らわすほど、負けず嫌いな人なんです。

引用:http://www.tokyo-sports.co.jp

ド真面目なんですね!自分の気持ちに真っ直ぐで頑固な人なんでしょう。

野々村直道はとにかく派手好きで、変わったものじゃないと喜ばないらしいんですよ!

だからまり子さんもプレゼント選びには苦労するそうです。

好みは一貫していそうですが、私がプレゼントする側なら確かに難しいかも・・・

模造刀しか出てこない・・・(笑)

スポンサードリンク

野々村直道の絵の金額や腕前は?

似顔絵

画像:本人HP

野々村直道は監督の以前に美術教師なんですよね~意外!

実は繊細なんでしょうか?

専攻?は油絵だということです。

イラスト依頼も受けているということで、その値段なども調べてみましたよ~

例えば、色紙に似顔絵を描いてもらうこともできます。

これは1枚5000円(税込み)でした。

2人で描いてもらうと(結婚式にもいいかも!)8000円でした。

ペットの似顔絵でもいいそうなんですが1枚7000円だそうです。

肖像画からは金額ばーんと上がって、28000円!お高くなります(´-`).。oO

似顔絵との違いがわかりませんでした・・・

描き上げた風景画も販売されていますがどれも15万円以上になっていました。

関連記事はこちら↓

浜田一志(かまだかずし)さんは、 東京大学野球部の監督であり、塾経営もしている野球でも勉強でも東大と関わる人ですね。 も...

最後に

元野球指導者である野々村直道はについてあれこれ調べてみました!

美術教師として赴任した高校の野球部を甲子園に連れていき、異動先でも創部6年で甲子園出場を果たした名監督です。

ユニフォーム姿よりも私服?抽選会には紋付き袴(´-`).。oOに注目が集まりました。

その野々村直道のは嫁の喜代子さんと娘のまり子さん(もう一人子供)という家族がいます。

野々村直道はその風貌や発言から目立ちますが、インタビューに答えている感じでは悪い関係になっているような感じは全く感じませんでした。

なので、家族の関係は良好だと思われます。

やくざ監督とも言われるその恰好や発言ですが、ボクシングの山根会長とよく似ていますよね?(笑)

みなさん持論を展開しておりますね。

監督を引退してからは吉本に所属して講演会などの活動もされています。

画家としての活動もされており、似顔絵をオーダーすることもやっています。

絵の値段は、安いものなら5000円から風景画などの額装されているものだと18万円としっかりした金額を提示していました!

長年、高校生と向き合い指導してきた野々村直道がパワハラ騒動についてなにを話すのかが興味がありますね!

今回も問題発言あるんでしょうか?楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする