棚橋敏明(瑞穂市長)経歴や家族(嫁子供)と年収は?世間の反応や今後辞任はあるのか?

岐阜県瑞穂市の市長である棚橋敏明が、

セクハラ発言したとして問題になっています。

「平和首長会議」に出席した際、長崎市へ派遣した中学生の活動の様子を説明した棚橋敏明市長ですが、

「セクハラになるかもしれないが」と前置きして「汗でブラウスが透け、下着が見えるほどだった」と発言したというのです。

まあ少し大げさではありますがどんな目で見ていたの?ってなりますよね・・・

その汗だくになる必死さを伝えたかったのかもしれませんが、【セクハラになるかもしれないが】の前置きがあるから余計に嫌悪感が生まれます。

政治家で、自分がそのような発言をして問題にならないと思ったんでしょうか?

でもセクハラ市長!!という前に棚橋敏明市長の経歴や年収と評判や家族についてもあれこれ調べてみました!

今後は市民や議会・嫁や子供からのあたりは厳しくなっちゃいそうですね~

世間の反応も気になりますね。

スポンサードリンク

棚橋敏明(瑞穂市長)のプロフィールや経歴は?

画像:瑞穂市㏋

名前:棚橋敏明(たなはし としあき)

生年月日 :1950年2月20日(2018年現在68歳)

出生地:岐阜県瑞穂市

出身校:近畿大学中退

所属政党:無所属

政治家になる前は、レザリンという皮革製造卸業を営んでいました。

2008年(平成20年)瑞穂市議会議員選挙に立候補し初当選しています。

2012年(平成24年)、再選。

2015年(平成27年)自由民主党県連と、市議会最大会派「新生クラブ」の支援を受けて統一地方選挙で行われる瑞穂市長選挙に立候補して当選しました。

2015年から現在まで市長を務めています。

★岐阜県瑞穂市 市長選挙結果
 7591 (43.1%) 棚橋敏明 65 無所属(自)新1(元)市会副議長
7300 (41.4%) 堀孝正 73 無所属 現 市長
2734 (15.5%) 鳥居佳史 60 無所属新 建築設計業

ギリギリの接戦でした!

棚橋敏明(瑞穂市長)の家族(嫁・子供)は?

この件に関しての情報は得られませんでした。。

独身なんでしょうか?

また、それはそれで違った印象になりそうです。

棚橋敏明(瑞穂市長)への世の中の反応は?

・「セクハラになるかもしれないが、汗でブラウスが透け、下着が見えるほどだった」セクハラ以外のなにものでもないだろ。何を考えてるんだ?

・市長さんになるレベルならさ、セクハラにならない言葉を選び上手に伝えなさいよ。そもそも能力が足りないんじゃないの?

・セクハラの意図はないんだろうけど、なんだろ、もうう少し別の表現ができなかったのか?市長としては表現がアホ過ぎる。

・そのつもりが無くても120%越えのセクハラ発言だ。悪意が無いなら、認識がずれてるので殊更に性質が悪い。何より、表現力や言葉選びに難が有りすぎて政治家むいてないわ。

など、ごもっともな意見が多く出ていますね!

セクハラかどうか以前の認識のズレや発言の重大性をわかっていないことについて特に批判されているようです。

スポンサードリンク

棚橋敏明(瑞穂市長)の年収・ボーナス・退職金は?

29年度の岐阜県瑞穂市の市長の給料は月額840,000 円

ボーナス(期末手当)は4.30月分

退職金は、人気の満了時にもらえる金額は4,200,000 円

退職日の給料月額×次の割合 在職期間1年につき  500/100

ということでした!

辞任はするんでしょうか?今後が気になりますね!

棚橋敏明(瑞穂市長)は辞任するのか?謝罪会見は?

棚橋敏明市長は自身の発言に関して指摘されると心外だと開き直り、火に油を注ぐことになってしまっています、、

メディアがどこまで大きくするかにかかっていそうですね。

棚橋市長は、そんなつもりなかったといいたいんでしょうがセクハラになるかもという認識があったわけですからアウトです。

表現に対して敏感になる世の中ですが、そのリスクがあることをわかったうえで発言するべきです。

政治家なら尚更ですね。

棚橋市長は辞任せず続投するのか?

辞任して謝罪会見は行われるのか?

どうなっていくんでしょうか?

こんな話で辞任して、市長選がまた行われると思うと税金の無駄使いですね。

最後に

岐阜県瑞穂市の市長である棚橋敏明について調べてみました。

セクハラ発言になるような表現をしていますが本人は認めていません。

というか、認めたうえで発言しているようなものです。

【セクハラになるかもしれないが】これが決め手。

辞任するかしないかだけ、少し気になるのでこの先も注目していきたいと思います。。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする