ユーパーライト(燃えるように光る石)正体や購入方法,値段は?発見者リンタマキは金持ちに!(世界の何だコレミステリー)

ユーパーライトという光る石がアメリカで発見されたそうです。

【燃えるように光る石】ってどんなの?

CGなんじゃないかといわれています。

どんな原理で光っているんでしょうか?正体が気になりますね!

その石を見つけたエリック・リンタマキは、現在ユーパーライトツアーと称して発見された場所を案内するツアーをやっているそうです。

一気に有名になり、その生活は一変したといいます。

自然が作り出した石でお金持ちになったんですね!

ユーパーライトはたくさんあるそうで、販売も行っているそうなんです。

ちょっと欲しくありません?ブラックライトで光るそうなんですが塗料はあっても天然鉱石では珍しいですもんね!

宝石になるような原石だったり、化石だったり、何万年かけて形が作られたり、石にはロマンがありますね~

ユーパーライトも購入できるんですから、素購入方法や値段も調べてみました!

ツアー料金もきになりますね!

スポンサードリンク

ユーパーライトって何?

発見者のエリック・リンタマキさんも最初に思ったでしょうね!

これ何?って。

エリック・リンタマキさんは発見時「とても明るいオレンジ色に光るんだ。まるで溶岩を手にしているみたいだよ」と語っています。

最初に発見した時、エリック・リンタマキさんは色々調べたそうなんですが結局正体は分からなかったんですって!

それで、ミシガン州立大学とサスカチュワン大学に調査を依頼しました。

大学が石の調査を始めて結果がでるまでに数か月かかってやっと発表がありました。

そこで新種の石と確認され、ミシガン州立大学は科学的な名称として「蛍光性方ソーダ石含有閃長岩クラスト」という名前を付けました。

ユーパーライトのユーパーは、ミシガン州北部の半島に住む人を指す”Yoopers”から取っています。

ユーパーライト発見の場所はどこ?

発見者であるエリック・リンタマキさんが見つけたこの石は、アメリカのミシガン州のスペリオル湖を訪れた時に、いくつもの石の中から偶然にも光る石を発見しました。

それを見つけたときは、新種の石なんてことは考えなかったそうです。

そうなりますよね~だって何年も前からあったものだろうし、まさか自分が発見者になるなんてびっくりです。

現在は、エリック・リンタマキさんはここでユーパーライトツアーなるものを開催中です。

ユーパーライトは1個2個じゃなくたくさんあるのでスペリオル湖周辺の岸辺を回るツアーではブラックライトを当ててユーパーライトを見るんですって!

このツアーがアメリカで人気で、2019年まで予約が埋まっているというから驚きですね!!

発見者のエリック・リンタマキって誰?現在は生活が一変!

エリック・リンタマキさんはユーパーライトを偶然見つけましたが、素人ではないんです。

宝石や鉱物の販売者で、石の採取などを行っていました。

石のプロでもわからなかったんですから本当に新種なんですよね!秘境に入って見つけた石ならわかりますが人が出入りする場所にあったんだから不思議です。

また見つけたのが、石の仕事をしている人でもし一般人が発見しても研究に出さない人もいるかもしれないし、販売もなかったかもしれません。

色々偶然が重なり、現代で新種発見という形になって凄いな~と思いました。

ただ、エリック・リンタマキさんはこの石を販売しているのが心配になります(笑)

たくさんあるからといって売ってしまって大丈夫なんでしょうかね?

誰のかな?なんて・・・

ユーパーライトのツアーの値段や購入方法は通販もあるの?

ユーパーライトぜひ欲しい!見てみたい!触ってみたい!と思いませんか?

私はお風呂とかに入れてUV当てて光らせてみたいです( *´艸`)

エリック・リンタマキさんが行っているツアーは一人5000円くらいなんだそうですよ!

でも、アメリカまで行くのにいくらかかるのって感じですよね!

では通販で買えるのか?っと思って調べてみたらあるあるある!!!

日本でも買えます!!!

でも少しお高め・・・いやこんなもんか(石なのに・・・)

サイズや光る部分が多いのか少ないのかで値段が変わるんだと思いますが1万円くらいから売っていました!

いや普通に変えるんですね!いいですね!

スポンサードリンク

エリック・リンタマキはユーパーライトでお金持ちに?は次のページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする