中澤圭二のハワイすし匠現在は?破天荒な経歴や年収,店の場所や値段を調査!(やりすぎ都市伝説)

中澤圭二は伝説のすし職人です!

東京・四谷にある名店「すし匠(しょう)」の主人の、

中澤圭二(なかざわけいじ)

今回はやりすぎ都市伝説で紹介されます。

伝説で寿司バカな中澤圭二ってどんな人なんでしょうか?

その経歴が気になります。

たくさんのお客さんに愛されていたお店を抜け、ハワイに行くと言い出したのです。

人気絶頂でさらに何もがそろっている東京のお店を捨てハワイに行くという破天荒ぶり。

寿司のことばかり考えている研究熱心な中澤圭二を寿司バカと呼ぶんだそうです。

ハワイでオープンさせた【すし匠ワイキキ】は今現在どうなっているんでしょうか?

店の場所や値段も気になりますが、合わせて中澤圭二の年収も予測してみたいと思います。

それではさっそくいってみましょう!

スポンサードリンク

中澤圭二のプロフィール破天荒な経歴は?

「中澤圭二経歴」の画像検索結果

画像:http://chef.gnavi.co.jp/chefmember/nakazawa_keiji.html

名前:中澤圭二(なかざわけいじ)

年齢:1963年(2018年現在55歳)

出身地:東京都

中澤圭二の破天荒で寿司バカな経歴は?

東京で生まれ育った中澤圭二は、中学校を卒業してから高校へ進学しますが中退し、料理の世界に入ります。

夢を諦めれなかったのかな?と思ったら、とくにそういうわけじゃなく友達とふらっと料理の世界に入ったそうです(笑)

でもそれからがすごかった!

根性ある人なんでしょうね!全国を回りながら料理の修行をしたんです。

「すし匠」は1993年に東京・四谷に出店しました。

中澤圭二のプロフィールは【寿司】といっても過言じゃないほど寿司が好きで、生活のほとんどが寿司!寝ても覚めても寿司なんです!

すし匠が軌道に乗って店舗数を増やせていったのは、紛れもなく寿司に対してのこだわりが強かったからでしょう。

「すし匠」はグループで15店舗を展開するまでに成長しました。

しkし、そんな絶頂の時、中澤圭二は決意しました。

中澤が店を構えて25周年を記念して催されたパーティーの場でハワイに行くことを発表しました!

日本とは勝手が違うワイキキで苦労しながらも突き抜けた中澤圭二は、ついに!

2016年9月、リッツカールトン・ワイキキ内に「すし匠」をオープンさせました。

中澤圭二は熟成の発見者!

最近よく聞くようになってきた熟成という言葉も、昔はなかったですよね!

魚も肉も新鮮なことが一番で寝かせるという考えはあまりなかったと思います。

漬けなどの技術とはまたちがいますもんね!

すし匠がその名を知らしめたのは、2週間もの間マグロを寝かす『エイジングとろ』をはじめとするアミノ酸が最高の状態になったネタがあったからです。

うわ~想像するだけでもやばいですね!!

熟成は高級店も軒並み取り入れるようにはなりましたが、やはりすし匠が先頭を走っているようです。

中澤圭二がハワイに行った理由は?

東京は築地があり(今は豊洲)最高の食材が常時揃いました。

魚の種類も多く新鮮で、いい魚が沢山揚がってきます。

しかも、自分のお店は名店と呼ばれ多くのファンがいる人気店です。

でも、中澤圭二は「日本ではもう進化の幅がない…過酷かつ未知の環境でさらにすしを見つめたい」との理由でハワイ行きを決意しました。

とにかく執念深く寿司のことを考えているのですね。

そして今の自分に満足せず挑戦者でいたい!これが中澤圭二の気持ちだったんじゃないかなぁと思います。

なかなか今の生活に終わりを告げるのって難しいですよね。

自分の気持ちだけじゃなく、お客さんもいるわけですから相当な葛藤があったはずです。

でも、中澤圭二は行動しました。

ハワイでは、世界中のセレブを相手に寿司で勝負したいと思い、ハワイ行きを決めたんですね!

すし匠ワイキキの現在は?

画像:https://gqjapan.jp

2016年9月、ついにリッツカールトン・ワイキキ内に「すし匠」が開店しました!

ハワイで獲れる魚は種類がすくなかったり、素材がよくなかったりと日本のようにはいかなかったようです。

でもそこで諦めるはずもないので、切磋琢磨の日々が続いたでしょうね。

現在も、高級ホテルで世界からくるお客さんを満足させています。

日本じゃないところで日本の確かな味が広がっていると思うと嬉しいですね!

しかも口コミをみてみると、旅の目的はこれ!という人もいるくらいハワイにいてでも食べたいという熱狂的なファンがいるようです。

中澤圭二の年収を予測!

中澤圭二の年収ですが、もちろん公表されていません。

「すし匠」のグループで15店鋪を展開しているんですから経営者としての報酬はありますよね?

でも、確かに高級店なんですが年商と経営者の年収は比例しません。

しかも、お寿司にかかっている経費がすごそうですよね!手間も時間もかかっています。

ワイキキのすし匠も、日本とは違う魚で作るための手間もかかっているでしょうし、入っているホテルへのテナント料とかはどうなっているんでしょ?

向こうからの要請だったとしても賃料が無料ってことはないですよね!

色んな経費や売り上げを考えても、3000万円くらいじゃないかと思うんですがどうでしょうか・・・。

スポンサードリンク

すし匠ワイキキの場所や値段は?次のページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする