栄藤仁美は結婚失敗でグッチ男(イケメン医師)から告白,元夫は誰?子供は?(有田哲平の夢なら醒めないで)

GUCCI姫(栄藤仁美えとうひとみ)が【有田哲平の夢なら醒めないで】でイケメン医師のGUCCI男に告白されました!

栄藤仁美ってでも2017年のミスiDでは、新婚ってはなしているんですよね!

新米主婦だった栄藤仁美はどうなった?

結婚して夫や子供はいたんでしょうか?離婚しているので元旦那が誰なのかも気になりますよね~

そして栄藤仁美に付き合ってくださいと告白したイケメン医師のグッチ男って誰でしょうね!!!

お見合い100回?とも言われる栄藤仁美は幸せになれるんでしょうか?

【有田哲平の夢なら醒めないで】の放送が楽しみすぎます!!

スポンサードリンク

栄藤仁美は足利尊氏の末裔でミスiD!壮絶な過去とは?

栄藤仁美は足利尊氏の子孫であるということが家系図をサンデージャポンで初登場したときに見せていますね!

末裔という名を語る人は多いそうですが、家系図で見せれるのはかなり信ぴょう性が高いとのこと!

実家は、京都で7代続くお茶屋だということでお嬢様なんですって!

さらに祖父は1938年創業の川島織物の4代目として有名でゴブラン織りの開発した人だということです!スゴイ!

栄藤仁美ももちろんお茶屋の娘として舞妓さんになるよう幼少期から稽古やしつけをされてきたようですが、栄藤仁美のさばさばとした性格は花街から反発にあい、舞妓になる前にクビになってしまったそうなんですよ・・・

この決断をしたのは実の母親でもあると思うので、どんな関係なのか気になりますね。。

中卒で舞妓の道を絶たれた栄藤仁美は、16歳でレコード会社に就職。

家柄的に大物とも接する機会はあったので、助言と保証人になってもらい17歳で3000万円の借金をして起業することになります。

持ち前のコミュニケーション能力や人柄も良かったんでしょうね!場所的にライバル店が多いのにバーはすでに10周年を迎えていて、借金も数年で返済したということですから驚きです!

それからイベンターなどの経験を経て講談社主催のオーディションミスiD2017で『安藤美冬賞』 獲得しています!

日本初のゲーム音楽プロ交響楽団『JAGMO』のマーケティング責任者

東京ガールズコレクション『TGC』のスーパーバイザー

など、広い人脈と経験の持ち主です!

栄藤仁美の結婚(夫・子供)は?

2017年のミスiDでは、自己紹介に新米主婦と書いています。

・・・ということでどうやらそのころには結婚をしていたんですね、相手が誰なのかは公開されていませんでした。

人生観を変えた!というほどの相手らしいのでどんな人物だったのか気になりますね!

実業家として栄藤仁美が忙しかったからでしょうか?

数年で離婚していますので子供はいなかったと思われます。

お相手の予想をしようと思っても、栄藤仁美の交友関係はものすごい広いですし、それこそ実家関係のお客さまだと相当なレベルの高い人たちともお知り合いですからね、選ぶ男性もお金持ちか、逆に不釣り合いなダメ夫か、、、

今回の【有田哲平の夢なら醒めないで】では、同じグッチの服を着た男性(Gucci男というイケメン医師)が栄藤仁美に告白するということで、独身だからできることですね!

お見合い100回というのもいつの話か気になりますね~

イケメン医師のGucci男の正体は?

いきなり出てきたグッチ男

ロゴがバーン!と書いてある服を着ていますね~

よく見たら栄藤仁美もGucciGucci・・・

これがGucci姫という名の由来でしょうか?

イケメン医師ということですがお知り合いか、お見合いで出会った人?

誰なんでしょうね!

栄藤仁美の答えは???

イケメン医師の正体や、栄藤仁美の返事は放送を待って追記したいと思います!

関連記事はこちら↓

足利尊氏(あしかがたかうじ)の子孫である栄藤仁美(えとうひとみ)の学歴(大学、高校)や身長体重・カップが気になります! 合わせ...

最後に

栄藤仁美の結婚や元夫や子供についてと、番組内で告白してきたGucci男についてあれこれ調べてみました!

栄藤仁美は過去に大変な経験をしています。

ただのお嬢様じゃないところがとっても好感が持てました!

努力も惜しみませんし、抜群なコミュニケーション能力でどんどん仕事を広げています。

足利尊氏の子孫の恋愛観が激ヤバ・・・という予告からどんな恋愛観を持っているのか楽しみですね!

Gucci男の告白にイエスと答えるのか?2度目の結婚はあるんでしょうか?

栄藤仁美、幸せになってほしいけどな~(*´ω`*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする