インゲギンズバーグ・スパイや結婚3回の過去や作曲家の経歴!現在メタルで活動中!きっかけは?(世界まる見え)

インゲギンズバーグという93歳のおばあちゃんがヘビーメタルを歌う活動をしていると話題です。

今回、世界まる見えに登場するインゲギンズバーグさんは、過去にスパイをしていたり、作曲家をしていたりと波乱万丈な人生を歩んできたそうです。

結婚も3回経験しているし、どんな過去があったんでしょうか?

そしてなぜヘビメタに目覚めたのか?気になりますよね。

インゲギンズバーグの気になること、あれこれ調べてみました!

スポンサードリンク

インゲギンズバーグの過去はスパイ?

画像:YouTube

インゲギンズバーグさんは、1922年オーストリア・ウィーンでユダヤ人として生まれました。

中流階級くらいの生活をしていたのか、ピアノや音楽は幼少期から10年間ほど学んできたそうです。

調べると、ナチス・ドイツにおけるホロコーストの生き残りだということなんですが、ホロコーストってなんでしたっけ?

授業で出てきたはずなんですがわからないので調べました。↓

ホロコーストは、第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党率いるナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を指す。

引用:Wikipedia

第二次世界大戦の前夜にインゲギンズバーグさんは、ホロコーストを逃れ、スイスの難民キャンプに避難しました。

壮絶です・・・。

第二次世界大戦中はアメリカのスパイとして活動していたんだとか!活動内容は、諜報だったり暗殺だったりがミッションだったのでしょうか?

武器の密輸はやっていたんですって!

93年間も生きてきたら、今の世界とは違う世界ですもんね。

戦争を経験し、怒りや、訴えたいことがあったからのヘビメタなんでしょうか?

関連記事はこちら↓

【箱石シツイ】101歳理容師!店の場所や家族・長生きと健康の秘密を調べました。

インゲギンズバーグはバツ2?結婚3回の過去

画像:YouTube

インゲギンズバーグさんは、戦争が終わった後、オットー・コルマンという作曲家と結婚しています。

夫婦になった2人はハリウッドに渡りました。

「キング」の愛称で知られる米ジャズ・ピアニストのナット・キング・コールさんや映画「リオ・ブラボー」の出演で知られ、俳優や歌手として活躍したディーン・マーティンさんへの曲を提供していたという。

引用:https://news.nicovideo.jp

その後は、この作曲家のオットー・コルマンと離婚しています。

そのあとも2回結婚しているそうです。

離婚理由はなんだったんでしょうね?

最初の夫とは、戦争中に一緒に逃げてきたり、新しい生活で作曲家としての経歴もそこから始まったんですが・・・夫婦とは難しいですね。

スポンサードリンク

インゲギンズバーグのメタルは始めたきっかけは?

長く生きてきたインゲギンズバーグさんは、作詞作曲家として活動していましたが、リスナーに一番よく想いが届く方法を考えました!

まさか?

ヘビーメタルだったんですね~( *´艸`)

93歳でバンドを組みますが、作詞した歌を歌うんじゃないんです!

叫ぶんです!!!

高齢のおばあちゃんに出せるんだろか?

これが結構出せてます!!周りのバンドマンたちも少し年配の男性たちですね。

普段は車いすで生活しているんでしょうか?そんな画像もありましたが、このビデオではしっかり立って歌っていますね!

最近の話題の記事はこちら↓

ファンビンビンのエグい年収・性格は?リーチェン婚約解消?発言は?整形疑惑や代役は?

最後に

93歳のヘビメタおばあちゃんのインゲギンズバーグさんは、ウィーンでユダヤ人として生まれれ、幼少期はピアノや音楽にいそしみました。

世の中は戦争の時代に。

アメリカのスパイになったり、武器を密輸した過去もあります。

結婚は三回していますが、最初の夫は作曲家でその後、インゲギンズバーグさんが作曲家としての活動ができるのもこの人との結婚があったからだと思われます。

今現在の結婚相手についてはわかりませんでしたが、何度か結婚・離婚を繰り返したことや戦争のこと、長く生きてきたインゲギンズバーグさんは、自分の作詞をしたものがどうやったら人に伝わるか考えたそうです。

だんだんと高齢者の自分の存在が小さくなっていくのを感じたりしたのかもしれませんね。

そして、思いついたのがヘビメタだったわけなんです。

その歌声は、とても力強く93歳ということを感じさせませんよ!

93歳という高齢なこともあるし、心配なんですが、これからの人生もヘビメタとともに謳歌してほしいですよね!

応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする