陸の孤島農場・値段や購入方法は?生産者のこだわりマヨ評判や口コミは?(所さん大変ですよ)

鹿児島の陸の孤島農場で作られた

陸の孤島マヨネーズが話題になっているそうです!

所さん!大変ですよ に、登場します!

マヨネーズにいくら出せますか?このマヨネーズは高級なんです( *´艸`)

だって1個100円する卵を使っているそうですよ。

まず鶏の飼育方法にもこだわりが。

そして生産方法に氷温熟成という文字がありました!

手間のかかったマヨネーズの生産だから高級になるわけです。

その生産者のこだわりとは?

買いたいな~いくらで購入できるんでしょうか?どこで?ネットでも買えるのかしら?

このマヨネーズ、やっぱり好きな人は知っていました!

口コミや評判も気になりますね!

陸の孤島マヨネーズのあれこれ調べてみましたよ!

スポンサードリンク

陸の孤島農場とは?

鹿児島県の山の中にあるという「陸の孤島農場」
陸の孤島農場は電波も届かない場所にあるんですって。
まさしく陸の孤島だというわけです。
生産者の川原嵩信(かわはらたかのぶ)さんは、鶏が一番いい環境で育てるためにここで飼育をしているそう。
山の中には鶏の天敵が沢山いるそうで、毎日その獣たちとの格闘しているということです。

陸の孤島マヨネーズとは?種類は?

陸の孤島®マヨネーズ 氷温熟成40日 300g/瓶 (プレーンタイプ)

画像:https://anshindo-d.com

今回紹介されるマヨネーズ、これこそが陸の孤島マヨネーズです。

副原料の生産にもこだわり、すべてを作るのに1年9カ月かかるといいます。

原料にとことんこだわり、油だけで4種類、塩やお酢は2種をブレンド。酸味が控えめで、ふわっとした軽い口どけにさっぱりした後味は、原料の良さを物語っています。塩がしっかりきいているので、野菜スティックにつけて食べると野菜の甘味が引き立ちます。
スタンダードな味と、からしマヨネーズ、ゆずマヨネーズの3種をご用意しました。

引用:https://anshindo-d.com
そもそもの基本となる卵にこだわり、その養鶏場は想像したものとは全く違うらしい。
鶏は自由に歩き回り、その土地の実や虫を食べるのに加えて、おからやお茶の葉などを混ぜて作ったオリジナルの餌も食べているんです。
特別な菌をいれたりすることで、健康な卵を生んだり、その菌を培養した水を撒くことで、悪臭も全くない環境で鶏たちは生活し、その鶏が生んだ卵で陸の孤島マヨネーズは作られているそうです。

氷温貯蔵で旨味の増した卵に上質な植物油と醸造酢の両雄が加わり出来上がったマヨネーズ。味を整えるためにさらに氷温の中で静置することにより、滑らかで上品で穏やかな味のマヨネーズへとゆっくり歩みを進めます。

引用:https://anshindo-d.com

氷温熟成しているのは、卵も同じです。
そうすることで、臭みのない味になるそうですよ!
さくらももこの大好物の記事はこちら↓

陸の孤島マヨネーズの値段や購入方法は?

陸の孤島マヨネーズは高級と言われていますが、値段はいくらなんでしょうか?

1個100円の卵を使用しているということですからね高くなりそうです。

調べてみたら、

一瓶300gで2484円!

他にも、マヨネーズの主原料である卵!これも購入可能です!

氷温熟成の意味の−1℃(マイナス イチド シー)という名前のたまごです。

画像:http://areastudies.cocolog-nifty.com

こちらは、10個で1080円でした!

購入できる場所は、道の駅や近隣の飲食店と、オンラインショップでも購入できます。

送料が高く8000円以上で送料無料でお届けになるので、お友達や家族でまとめての注文がいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

陸の孤島マヨネーズ・卵の評判・口コミは?

とにかく自然にこだわった生産方法をとっています。

きれいな見た目や、サイズのばらつきは仕方ないということを前提に注文することが大事ですね!

熟成というとコクのあるこってりとしたものを想像する人も多くそれについて書いている人もいましたが氷温熟成すると臭みの無いサラッとした卵になるそうですよ~

ミルクセーキにするととても美味しいらしい!!!

  • 絶品です。穏やかで上品な味、このマヨネーズを食べたら
    他のマヨネーズを食べられなくなりました。特に、お酢。大変有名な京都のお酢屋さんの、高価で少ししか販売されていないいちじく酢を使われていてビックリしました。確かにお高い商品ですが受け入れます(笑)。

  • お値段は一般メーカーよりずいぶん高価ですが、購入する理由があります。まず鶏の育て方、素材を吟味しこだわりを持ち丁寧な仕事されていること。元気な状態を保ちたいならば食材選びはとても大事と思います。このなめらかで少し酸味のあるマヨは、サラダのお供にはもちろんですが、ホイル焼きや炒め物にも相性抜群ですよ〜お試しくださいませ(o^^o)

引用:引用:https://anshindo-d.com

高級なのでケチケチしてしまいそうですが、たっぷりつけて野菜や卵を頬張りたくなりますね!(*´ω`*)

最後に

鹿児島の山の中で大切に育てられた鶏から生まれた卵を使って、作られたのが陸の孤島マヨネーズです。

その美味しさと値段の秘密は、こだわりの生産方法と時間でした。

1個のマヨネーズを作るのに1年9ヵ月もかかるというからおどろきですよね!

さらに氷温熟成という方法で保存することで、もっと美味しくなっているそうです。

気になる値段はたまごが10個入りで1080円。

マヨネーズは300g入りの一瓶で2484円。

購入は道の駅でも買えるそうです。

オンラインショップでも購入できます!

こだわりのマヨネーズの口コミも良く、この値段を払ってもいい!と思うようです。

是非一度たべてみたいですね!

陸の孤島マヨネーズについて、あれこれ調べてみました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする