齋藤昭生(エイジス)の経歴や年収・棚卸で違法労働で評判ガタ落ちの過去?現在の口コミは?(がっちりマンデー)

齋藤昭生(さいとうあきお)率いる、

エイジス(AJIS)の棚卸・商品カウントの仕事が、

「がっちりマンデー」で紹介されます。

エイジス社長の齋藤昭生(さいとうあきお)とは、どんな社長なんでしょうか?

経歴や顔も気になります。

がっちり稼いでるんですからきっと年収もすごいですよね?

社員やバイト(派遣)の口コミは?

でも、齋藤昭生社長の経営するエイジスにはブラックな過去が・・・

棚卸や、商品カウントの深夜仕事で何があったんでしょうか?

そこには違法な過重労働・長時間労働の過去があるといいます。

是正勧告まで受けていたというから驚きです。

今現在は過去を反省し、健全な労働環境になってがっちり稼いでいるということでしょうか?

エイジス社長の齋藤昭生(さいとうあきお)のあれこれ調べてみました!

スポンサードリンク

齋藤昭生(さいとうあきお)経歴・プロフは?

画像:https://www.ajis.jp

名前 :齋藤 昭生(さいとう あきお)
生年月日 :1967年10月25日
出身地 :千葉県
出身大学 :東京工業大学・ボストン大学
現在の役職:株式会社エイジス 代表取締役社長

―職歴―
・1994年 1月 ジョセフジェイマスコリーノアンドアソシエイツインコーポレーション入社
・1995年 2月 株式会社エイジス入社
・1996年 6月 株式会社エイジス取締役
・2001年 6月 株式会社エイジス常務取締役
・2003年 7月 株式会社エイジス専務取締役
・2004年 4月 株式会社エイジス代表取締役専務
・2006年 4月 株式会社エイジス代表取締役社長

引用:http://syacho-keireki.jp

インタビューの声を聴きましたが、声の印象はあんまり良くないな・・・というのが私の印象ですね。

少し早口で、少し癖のある話し方は顔の雰囲気にピッタリだと思いました。

このエイジスの商品カウントの仕事はスピードが決め手ですし、せっかちになるんでしょうか?

エイジス(AJIS)とは?

1978年創業のエイジスは、齋藤昭生(さいいとうあきお)社長の父親が、日本ではじめて棚卸をビジネスにした会社です。

今現在は、日本や、アジアの約2,000社以上の小売業と契約しているそうです。

棚卸は、スーパーやドラッグストアでの帳簿通りか商品数の在庫確認・入れ替えなどですが、私もスーパーでバイトしていた時やりましたね!

その日は全員バイトをかき集められてお客さんのいない時間に決められたレーンの商品のカウントと、並べ直したりするんですが、とにかく時間がかかってめんどくさくて、大変でした。

そんな大変な仕事を、代行するのがエイジスです。

時間のかかるバイトを雇ってのカウントさせるよりも、代行業者に頼んだ方が無駄な時給をバイトに払うこともないですし、なんせ早い!

バイトは本業に集中させるべきです。

エイジスの商品カウントめっちゃ早いですから!!絶対できません(´-`).。oO

日本の棚卸事業ではトップのシェアを誇り、がっちり稼いでいるということです。

この仕事の基本は、アメリカの技術をマネして始めたそうですが、日本独自の技術も必要不可欠なんだそうですよ。

例えば、日本のコンビニは特殊で、種類も多く似たような商品も多いのでその管理は大変だといいます...

その商品カウントの技術が習得しなければできないレベルです。

エイジスにはその技術取得のためのカリキュラムがあるんでしょうね!

エイジスグループを支える「現場のプロ」たち。創業来、エイジスグループを支えているのは確かな技術を身につけたプロフェッショナルたちです。この強みを活かし今後とも事業拡大を続けてまいります。

引用:https://www.ajis.jp

齋藤昭生社長もこう述べており、技術力や技にはこだわりがあるようですね。

関連記事はこちら↓

がっちりマンデー!! に、有名企業が入る六本木ヒルズに入っているのに知らない大儲かりの会社として、カナフレックスが紹介されます。 ...

齋藤昭生(さいとうあきお)年収は?

齋藤昭生社長率いるエイジスは、2016年で売り上げが200億を超えています。

でも200億の売り上げのある会社の社長でも年収が多いとは限りませんし、その会社の経営状態がどうかにもよるということです。

がっちりマンデーは、過去にも放送後倒産した会社もありますし、【テーマにあった売り上げのいい会社】を選んでいるのでエイジスが本当に経営状態のいい儲かっている会社なのかは私にはわかりません。

もし、順調な会社なら社長の齋藤昭生の年収は億を超えるでしょうね!

スポンサードリンク

齋藤昭生(さいとうあきお)違法労働で謝罪は?

エイジスは過去に複数の事業所で過重な労働があったことが労働局から公表されています。

エイジスが行政指導を受けたことは、厚生労働省の会社名公表の新基準で初めてのことだったそうです。

ブラック企業の名札がついてしまいましたね・・・

その違法な過重労働の内容は、長時間の労働など。

月の残業時間が100時間を超えるというのです。

県内外の数か所の営業所でそのことが発覚しました。

是正勧告に対してエイジスの対応は、プロジェクトチームを作り、外部専門家をいれて長時間労働の削減に着手している、とコメントしています。

今現在はどうなっているんでしょうか?

労働局からの監視が厳しく続けられているなら今は長時間労働はないかもしれません。

。。。

ないといいですね(´-`).。oO

齋藤昭生社長やエイジスの評価・口コミは?

この会社を通して成長を感じたのは、物事を迅速にこなす作業スピードと判断力
棚卸しという一見単調な作業に感じられる仕事ではあるが、商品をカウントする際の効率化する”技”が何種類もあり、これらをマスターするには如何に正確かつ迅速に作業ができるか問われ、また一つのカウントミスで周りへの迷惑と同時に責任を背負う事になるので慎重さも問われる大事な仕事である。

限られた時間の中でこれらのリピート作業をしていくうちに、忍耐力もつけば正確な仕事力を身につけることができたと実感している。

引用:https://en-hyouban.com

これすごくわかりやすいですね!

他にも、「顧客ごとに棚卸方法の違いへの対応力があり、様々なオペレーションに対応できます。」など、口コミ評価はよさそうでした。

深夜の行われることが多いエイジスの仕事は、給料がいいこともあり人気の仕事になっているようです。

そして、自分の技術の成長を実感して、やりがいを感じている社員も多そうでした。

やはり、過去の長時間労働などの反省をもとに今では、いい条件になってきているのかもしれませんね。

こちらもよろしければ↓

【岡村さとみ】過去のやばいギャル画像は?夫ボート【岡村仁】年収や人気は?子供は?

最後に

深夜の棚卸でがっちりな、エイジスとその社長の斎藤昭生(さいいとうあきお)についてあれこれ調べてみました!

エイジスは、棚卸や商品カウントの代行をメインにして日本でトップのシェアを誇る会社です。

齋藤昭生社長は父親から引き継いだ2代目の社長です。

年収は公表されていませんが、経営状態が良ければ年商は200億の企業なのである程度しっかりもらっていると思われます。

インタビューに答える話し方から想像すると、間違いなく儲かっています(笑)

過去には違法な長時間労働で、厚生労働省から是正勧告を受けています。

今現在は、労働時間も改善しているからか社員やバイトの口コミや評判はなかなか良かったですよ!

小売業の経営者にはいなくてはならない存在だと思うので、人を大切に雇いこれからも成長していく会社になっていくといいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しの権兵衛 より:

    勝手な印象で年収が高いとか書いていますね。声とか、関係ないと思いますが。
    嫉妬でもしてるのでしょうか。

    • natalie より:

      ありがとうございます。がっちりマンデーで紹介される会社ですからがっちり儲かっているんだな~と思って年収も高いと思ってましたがちがうんでしょうか!?インタビューは声だけしか聴けないものだったんですが、余裕のあるようなお話の仕方でしたよ!素人が感じた感想なのです!よろしくお願いします!