佐藤愛香はサッカー難聴キーパーで今現在(結婚・夫・子供)障害の原因は?川澄奈穂美の衝撃を受けた消えた天才!

佐藤愛香(さとうあいか)はサッカー選手で川澄奈穂美と同じチームでゴールキーパーとして戦ってきましたが難聴で聴覚障害があり、全く聞こえないそうです。原因や今現在は何をしているのでしょうか?結婚して夫(旦那)や子供はいるのでしょうか?

川澄奈穂美の衝撃を受けた天才ゴールキーパー!【消えた天才】で紹介されました!全く聞こえないという佐藤愛花と川澄奈穂美の友情物語にスタジオは感動するようです。

佐藤愛香の

・プロフィールや経歴

・聾者になった理由や原因は?

・今現在、結婚して夫・子供はいる?

・映画アイコンタクトって?

・川澄奈穂美との関係

について、調べてみました。

それでは、さっそく!

スポンサードリンク

川澄奈穂美の衝撃を受けたGK佐藤愛香が消えた天才に登場!

川澄奈穂美の衝撃を受けたゴールキーパーということで消えた天才で紹介されるのは、耳が全く聞こえないという佐藤愛花さんでした。

川澄奈穂美といえば、なでしこジャパンで活躍した日本代表選手で顔がかわいいことから、サッカーファン以外でも知っている人が多いと思います。

小学生時代に川澄は佐藤愛香のプレーを見て、すごい!すごーい!と衝撃を受けたんだそうです。

そして日本一にも輝いていました。

今回の消えた天才で15年ぶりの再会をするそうなので川澄奈穂美と佐藤愛香はいったい何を語るのか楽しみですね!

佐藤愛香と川澄奈穂美の関係は?

川澄奈穂美選手と佐藤愛香選手は神奈川の大和市出身で同じ地元のサッカーチーム、大和シルフィードでチームメイトとしてプレーしていました。

小学校も一緒で、おうちも近所だったことからサッカーを一緒にやろうと誘ったのが川澄選手だったそうです。

ブログでもそのことが書いてありますが、たぶん私が誘ったと書いてありましたよ!

小学校から高校まで同じチームで戦っていたという佐藤愛香さんと川澄奈穂美選手ですが、今回15年ぶりの再会ということで常に一緒にいる仲良しな友達って感じでもなかったってこと?

川澄選手もかなり多忙な生活をしていると思われますし、今回が久々の再会で楽しみにしていたでしょうね~

2人の小学生の時の所属チームである林間SCレモンズや中高生の時の大和シルフィードでは、清水カップで優勝していますし、高校ではフットサルの全国大会でも優勝しているようで強豪でした。

佐藤愛香のプロフィールや出身校(中学・高校)は?

佐藤さんは、生まれつきの聴覚障害があり、

補聴器をつけて、口の動きで何を話しているのか理解していたとのこと。

年齢は、川澄奈穂美と同い年ですから 1985年生まれです。

出身地も同じ神奈川県大和市で、

出身校は、大和市立中央林間小学校、大和市立つきみ野中学校、神奈川県立弥栄西高等学校だと思われます。

高校時代の川澄奈穂美はクラブチームと部活を両立していたということですから佐藤愛花ももしかしたらサッカー部だったかもしれませんね!

佐藤愛香の聴覚障害(難聴)の原因は?

生まれつきということで先天性の聴覚障害だったようです。

難聴は、音を聞いたり、音を区別したりする能力が低下している状態です。中耳や内耳の障害で、脳の障害ではありません。難聴は生まれつきの障害の中でも、最もよく見られる障害の一つです。

毎年1000人に1-2人の難聴を持った子供が生まれます。生まれた時からある難聴は、先天性難聴と呼ばれています。難聴は、青少年や大人になってから進行することもあります。

引用:http://www.ntmc.go.jp/ntmc2/nancho/syoni/syoni_main.htm

原因には、遺伝とそうでないものがあるそうです。

佐藤愛香さんの両親についてはわかりませんが、遺伝子の突然変異で難聴になることや、早産や風疹・梅毒などの病気から難聴になることがあります。

今現在の佐藤愛香はサッカー選手!結婚して夫や子供がいる?

佐藤愛香は、ろう者女子サッカー日本代表として活躍しました!

もちろん代表の守護神ゴールキーパーとしてですよ!

2009年のデフリンピックや、2013年のソフィアデフリンピックに出場!

デフリンピックとは?

4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会であり、国際ろう者スポーツ委員会(ICSD、CISS)が主催する障害者スポーツにおける最初の国際競技大会です。

そして、佐藤愛香さんは今現在結婚して夫や子供がいるんでしょうか?

調べてみましたが、そのような事実は見つけれませんでした。

今回の放送で、今現在の詳細は放送されると思います。

佐藤愛香の出演したアイコンタクトという映画は?

佐藤愛花がアイコンタクトという映画に出演していたこともあるということを川澄奈穂美のブログで紹介されていました。

アイコンタクトは中村和彦さんの「アイ・コンタクト もう一つのなでしこジャパン」という本が原作で、映画も題名はアイコンタクトです。

もう一つのなでしこジャパンとはろう者女子サッカー日本代表のことで、2009年のデフリンピック出場のチームを作り上げた時についての話なんだそうです。

最後に

日本代表の川澄奈穂美の衝撃を受けた天才として【消えた天才】に紹介された佐藤愛香について調べてみました!

佐藤愛香は、生まれつきの難聴で全く耳が聞こえないそうですが、小学校時代から出身地が同じで近所だったということで同じチームでプレーしてきました。

サッカーを一緒にやろうと勧めたのも川澄奈穂美だったということで人生の転機になりましたね!

日本一も経験した学生時代。同じチームでプレーしていたので川澄が日本代表に選ばれたときもきっと嬉しかったんではないでしょうか?

一方の佐藤愛香も聴覚障害者スポーツで活躍しました!ろう者女子サッカー日本代表のゴールキーパーとしてデフリンピックにも出場しています。

今現在の活動や結婚や子供がいるのかなど、放送後に追記しようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする