長谷川 敏雄 (ナルトシザー)経歴プロフや年収は?特徴や評価・値段もヤバい!(がっちりマンデー)

美容師の憧れのナルトシザーががっちりマンデーに登場します!

がっちり儲かっているナルトシザーの社長「長谷川 敏雄」どんな経歴の人物なんでしょう?

高級美容師用ハサミですから、その値段が気になりますね!

憧れブランドとして人気が絶えないナルトシザーは売り上げも右肩上がりですって!

そうなってくると長谷川敏雄社長の年収も調べたくなります。

高級なハサミですが、とても人気で評判がいいのです。

その顧客は日本のみならず、海外にも多いんですって!

メイドインジャパンのクオリティで世界の美容師が使っているんだからすごいですよね~

人気の理由は、価格以上の切れ味と、砥ぎの素晴らしさです。

日本が誇る職人技ですね!

長谷川 敏雄社長率いるナルトシザーの人気商品と値段や、こだわり、長谷川社長のプロフや経歴・年収まであれこれ調べてみました!

スポンサードリンク

ナルトシザー社長・長谷川 敏雄 のプロフィールは?経歴は?

画像:https://buzip.net

名前:長谷川 敏雄 (はさがわとしお)

生年月日:1954年07月26日
出身地:長野県 上田市
出身高校:上田高校
出身大学:某大学中退
趣味:スポーツ 絵画
休日の過ごし方:スポーツジム
長谷川敏雄社長は現在64歳です。

大学中退していて高卒ということになりますが技術屋さんなのでそこまで関係ありませんね。

社長さんですが、現場にも立っているようです。

ナルトシザーは1963年の創業で、もう50年以上美容師・理容師専門のハサミを作ってきている会社です。

年商は6億円と、その売り上げは年々上がっています。

長谷川敏雄社長の年収はどれくらいあるんでしょうか?

年商は8億くらいでしょうか?5年前は6億でした。

従業員数が30~50名ということで、年商だけじゃわかりませんが長谷川敏雄社長の年収は約800万~1000万ぐらいだと思われます。

この生業には、技術のある職人が絶対必要なので人件費もかかりそうです。

人気のナルトシザー値段は?

美容師さんの憧れのナルトシザーですが、本当にあこがれるしかないくらい値段が高いのです!

その金額はピンキリで、一本1万円のものもあれば、給料何ヵ月分?というくらい高級なものもあります。

美容師の平均年収は300万を切っていますから、月に換算すると約23万円なんですが、被服代や練習の時使うウィッグ代など、生活費にプラスして、美容師としてスタイリストデビューする前の段階から結構厳しい給料でやっている人が多いんですよね。

高級ハサミのナルトシザーは、ざっとみてみると一番安くても1万7000円(税抜き)でした。

一番高いもので、¥298,000 (税抜)かな?

もう1ヵ月の給料じゃ足りない金額です。

美容師のハサミは、用途によって使い分けますから、3本は持っている人が多いと思われます。

画像:http://www.narutoscissors.co.jp

こちら、¥298,000 (税抜)

セニングシザー(すきバサミ)です。

こだわりある自分の手にフィットするものを選んでいくと値段が高くなっていきますね!

ナルトシザーといえば、ハサミのハンドル部分の彫りですね。

木目だったり唐草模様だったりと、彫りが入っているものがあります。

それを見ると、美容師さんたちは「あぁナルトだ~」となるんでしょうね( *´艸`)

スポンサードリンク

ナルトシザーの特徴は?

「切った感覚がやわらかい」と評されるナルトシザーの製品は、職人が二枚の刃のバランスを絶妙に仕上げることで作り出されます。

その抜群の切れ味でカットされた毛髪は切断面がきれいで、ダメージ毛になりにくいという特徴があります。

引用:http://www.narutoscissors.co.jp

ハサミによって髪が痛むことがあるんです。

いかに切れ味よく髪の毛を押しつぶすことなく切れるかで、仕上がりにも違いが出てくるということですから美容師さんの技術以外にも重要な要素ですよね!

ナルトシザーのハサミは職人さんが1本1本手作業で作っていますが、手の形や好みを聞いて、美容師ごとに頭でイメージしながら作っているそうです。

「技術者さんのカット技法に合った刃付けってどんな感じだろう」
「この方に合ったハンドルはどんな形だろう」
「修理に来たハサミを新品みたいにして返したい」
「お客さんの手元に100点のハサミを届けるにはどうしたらいいだろう」

引用:http://www.narutoscissors.co.jp

こだわって作っているからこそ高額になるし、その分メンテナンスで砥いだり一生使えるハサミとして長く愛用できることから、使う側も惜しまずお金を払えるんですね!

ハマグリ刃という、滑らかで柔らかい切れ感をより実感できる刃形状のハサミはナルトシザーの特徴です。

そして大切な部分のベアリング。

2枚の刃が重なっているねじの部分ですが、ここの仕様もハサミごとで違いがあるようです。

開閉がスムーズにいくと。刃への負担も減って切れ味が持続するのと、疲れにくいという効果があるようです。

一日中、お客さんの髪を切っている美容師さんは手を酷使していますから、いいはさみを使うことで美容師人生も長くなるかもしれませんね!

ナルトシザー愛用者からの評価

ナルトシザーをしっかりケアして正しく使えば5年は研がなくても大丈夫と言われているそうです。

研げば研ぐほど刃は薄くなっていきますから、研がなくても良ければその分長持ちするんでしょうね!

口コミでは、

塗れティッシュがスパスパ切れるのに衝撃だった!や、研ぎに出せてなくても切れ味が長続きする!手が疲れにくい!などその効果を感じているユーザーが多いですね!

私ならこれ1本20万円だから楽だわ~とか言い出しそうです(笑)

その金額だけでカットがうまくなった気にさせてくれる?ハサミなんじゃないでしょうか?

関連記事はこちら↓

櫻井・有吉THE夜会で、ロバート秋山の伸ばしっぱなしの髪がカリスマ美容師にカットしてもらったらどうなるか? で、登場するのが、...

最後に

美容師さんや理容師さんがあこがれる、高級カットシザーの、ナルトシザーについてあれこれ調べてみました!

長谷川敏雄社長の年収は想像ですが800万から1000万くらいじゃないかとおもわれます。

小さい会社ですが、高い技術と職人技で売り上げは上昇中です!

ナルトシザーの値段は、用途や種類によって違いがあるんですが、安くても10万円を切ることはなさそうです。

高級なものだと30万ほどになるので、そういう意味でも美容師さんたちの憧れなわけですね!

たぶんこれは、新人のころに買うんじゃなくて自分のカットそスタイルや欲しい質感を求めて、ある程度技術を習得した美容師さんが購入されるんでしょうね!

特徴は、その切れ味の柔らかさを出す刃を一枚一枚職人さんが研磨して作っているところです。

自分の手にフィットするようにカスタマイズも可能なのは手作業で作っているから!

開閉の時に重要な、ねじの部分も疲れにくく刃への負担軽減にもなるそうでこだわった作りになっています。

他にも、光やトギノンという人気のハサミメーカーがあり、美容師さんがしっくりくるハサミを他社も作っています。

日本人の手先の細かさで職人さんたちが作ったハサミで、また美容師という職人も技術と道具でお客さんの髪をきれいにしているんですね!

髪の毛カットしに行きたくなりました( *´艸`)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする